読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なし中学受験〜合格までの自宅学習の記録

首都模試偏差値63の公立中高一貫校に塾なしで合格した我が子が、自宅でやっていたことの備忘録

図鑑を楽しむ

【開始年齢・継続期間】3才~現在

【頻度】気になる事がある度・暇な時

【使用教材】小学館図鑑NEO6冊セット(15,800円)

【効果】生物分野の知識・疑問をそのままにしない姿勢・面倒がらずに調べる姿勢

 

3才頃に図鑑を揃えた。

 

未就学時期には、絵や写真を見て楽しんでいた。親子で会話しながら読んだり散歩で目にした草木や虫を見せたりした。
この頃は「眺める」という表現が適切であったように思う。

 

小学生になってからは、目次を引く調べ方を教え徐々に自身で調べられるようになってきた。
学校で見つけた花や拾ってきた種を調べて教えてくれるようにもなった。

 

高学年になってからは「内容につっこみをいれる」「謎の科の分類に爆笑する」など、穿った見方も増えてきた。別の楽しみを見つけたよう。
図鑑は突っ込みどころ満載の面白い読み物なのである。

 

当然のことながら生物分野の知識は広がったが、それ以上のメリットは面倒がらずに図鑑を手に取り調べる姿勢が身についたことだ。
「あとで調べよう」とならず「気になる!知りたい!」を優先させるクセがついたことは、学習全般に影響したと感じる。

広告を非表示にする