塾なし中学受験〜合格までの自宅学習の記録

首都模試偏差値63の公立中高一貫校に塾なしで合格した我が子が、自宅でやっていたことの備忘録

四谷大塚 予習シリーズ

【開始年齢・継続期間】小4~小6の3年間

【頻度】ほぼ毎日

【使用教材】予習シリーズ

【効果】学力の定着・向上

 

小4からは四谷大塚の『予習シリーズ』を購入して学習を進めた。
受験(検)をしなくとも考える学習をして力をつける事は大切だと考えていたので、これを利用して自主学習をした。
塾のテキストは良くできているからである。
取り組み方を振り返ると大きく分けて3つのポイントがあったように思う。

 

①前から順に、ではなく本人の興味が示したところから取り掛かる

 まずは興味を持った単元から取り組んだ。ただし、教科が偏らないように導いた。

 

②「理解度によって費やす時間を変える」

 小4時でもすんなりと理解できた小5単元があった一方で、小5になってもなかなか入らない小4単元もあった。当然のことである。
どうしても入らない単元は早めに切り上げた。

 

③「繰り返す」

 ②の「どうしても入らない単元」のために繰り返した。
例えば小5算数は3巡した。

 

自宅学習ならではのメリットであろう。詳細はいずれ。

中学受験塾の四谷大塚 公式サイト四谷大塚ドットコム