塾なし中学受験〜合格までの自宅学習の記録

首都模試偏差値63の公立中高一貫校に塾なしで合格した我が子が、自宅でやっていたことの備忘録

白地図大会

【開始年齢・継続期間】小5~小6

【頻度】数ヶ月の間 地方ごとに2回ずつ

【使用教材】ネットプリントした白地図

【効果】日本の地理の把握

 

白地図にできるだけ多くの情報を書き込む事を白地図大会」と名付け、競争を行っていた。
この説明だけでは分かりにくいので詳細を書こうと思う。

 

[第一段階]

地方ごとにプリントアウトした白地図を、教科書や本などを使って自分なりに記入する。主要都市・山脈・河川・平野・遺跡・文化・工業・特産物・海や湾の名称・・・・・・様々な情報を盛り込む。1つの地方につき数日かけて完成させる。

 

[第二段階]

オリジナル地図を暗記。できるだけ多くの情報を覚える。この段階では親子で「分析する」という作業も行う。例えば、なぜこの地域ではこの工業が栄えたのか等の会話を持つようにする。

 

[第三段階]

白地図大会開催。制限時間を決め、スタートの合図で白地図を埋めていく。地方にもよるが、制限時間10~15分くらいでダーーーーーーっと記入する。その後、交換して丸付け。名称があっていたら1ポイント、名称と場所が一致(例:川の名称と流れ出る位置など)していたら2ポイントで合計ポイントを競う。100ポイント以上獲得できた時もあった。

 

楽しいゲームであった。

広告を非表示にする